病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に

かかりつけの医師に相談

悩む女性

症状によって等級差があり

人と人や仕事関係においても、細やかな心配りが必要な時代になりました。その結果、対人関係などにおいて上手く配慮が出来ないなどのことからうつ病にかかってしまう人が多くみられるようになりました。このうつ病とはその時だけの落ち込みとか悲しみではなく、その状態から抜け切ることが出来ず長く症状が続いてしまう病気です。そのためヤル気が全く出なくなってしまったり、独りで過ごす時間が多くなる上、食事もまともに出来ない状態にもなってしまうことが多くなります。病気になる原因は、一つに限らないことから原因を追究することも難しいとされるものです。また症状を訴える人の低年齢化もあり、大人だけがかかる病気でもないことが示されています。そんなうつ病ですが、病気にかかる人の割合は大人が多い訳です。中には長期に渡って仕事を休むだけでなく、仕事に就くこともままならない場合が出て来ています。そこで役立ってくれるのが、障害年金です。国民保険や厚生年金に加入している人であれば、受給資格を満たすことになると知っておきましょう。

うつ病と診断されても必ずしも、障害年金を受給できるとは限りません。前提として、初診日要件と保険料納付を満たしていることが必要になります。次に問題となるのが、障害認定基準にはまることです。障害の重い順に1級・2級・3級と判断されますが、この時国民年金加入者においては3級の場合支給資格がないと言うことになります。1級と判断される材料には、日常生活において常時援助が必要な人とされます。また2級と判断される場合は、日常生活において著しい制限を受けるものとされています。更に3級には、労働が制限されるものとされ、これらに合致する人たちは障害年金を受け取ることが出来ることになります。障害年金を申請する場合、医師に診断書の作成を依頼することや病歴就労状況等申告書を作成する必要が出て来ます。うつ病にも状況の違いがあり、受給にもそれらに応じた方法で手続きを進める必要があります。病気を抱えて何度も年金事務所へ通うことも、大変な苦労を感じることも考えられます。そんな時は、自分自身だけで進めることなく、専門家に相談することも良いのでしょう。

病気になっても慌てない

診察 うつ病には双極性障害などがあり種類があることで治療の範囲が違ってくるのと、治療で障害年金などの受給には資格が必要となります。保険料など必要となる条件を満たすことができると受給できるので、これから先の長い生活の心配がある人には助かる精度です。

詳しく見る

生活の安定を図る

カウンセリング うつ病などの精神障害を持つ方のためにも設けられている制度が、障害基礎年金です。所定の手続きをすることで審査を行い、認められた場合には厚生労働省から年金を受け取ることができ、生活の基盤を整えることができる制度です。

詳しく見る

治療費相場を把握する

悩む男性 うつ病のような精神疾患で受給出来る公的制度を正しく把握しておくと安心して治療に専念出来ます。治療費や生活をカバーしてくれる制度は、治療を順調に進めていく基盤を作ることにもつながります。障害年金と傷病手当金は合わせて受給も可能です。

詳しく見る

書類の準備をしっかりと

悩む女性 うつ病で障害基礎年金を申請する場合、厳密に書類を揃える必要があります。書類に不備がある場合には、差し戻しとなって書類を準備しなければならないです。うつ病は精神障害に認められるので、認可されれば年金の受給資格を有します。

詳しく見る

申請準備と申請方法

悩む女性 うつ病で障害年金を受給する場合は、要件を満たすことが条件となります。条件を満たしたら、申請への準備となります。申請窓口は国民年金と厚生年金とで異なりますので注意が必要です。申請の際に必要な書類を事前に確認して準備を進めていくと安心です。

詳しく見る

Copyright© 2019 病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に All Rights Reserved.