病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に

病気になっても慌てない

診察

生活保障のシステム

社会生活の中で気分が落ちこんでいたり、行動することが億劫になったりすることはありますが、それが長期間続く状態だと気をつけないといけません。会社や学校などの日常生活に支障をきたすようになると、ただの落ち込みではなく病気としてうつ病を疑ってみることが大事になります。うつ病にはいくつか種類があり、双極性障害ともいわれることもあるので躁状態や軽躁状態を繰り返す場合には、専門の医療施設で見てもらうことです。またいつなるのかわからない病気なので、家庭がある人では生活のためにはお金は必要になりますので、保障される障害年金などの手続きができる場合があります。ある程度の条件がありますのでしっかりと把握して手続きをすることで貰うことができるのですが、大事なのは国民年金または厚生年金保険の被保険者期間中であることがいえます。初診日要件といってうつ病と診断されたその日が、被保険者となっていなくてはいけないのが条件となっているので、障害年金の手続きには必須の条件となっています。

その他にも知っていたほうがいいのは保険料納付要件があり、保険料などが3分の2が納められている状態なども条件としてあります。そのために近い1年で滞納期間が無いことはもちろん、わからない場合には市町村の区役所や役場などで手続きのための自分の条件を把握しておく必要があります。ストレス社会が生み出したといわれるうつ病は基本的に治療をすることによって治る病気ですが、治ったとしても繰り返す可能性も高いことでも有名な病気です。そのために障害年金などのお金に関することや、保険料などの支払いはしっかりとやっておくことで治療に専念することができます。また気をつけないといけないのは、うつ病の症状が重い状態であったとしても、手続きで初診日要件や保険料納付要件が満たされていないと判断されると障害年金を受給することができません。反対にそれらの手続き上でクリアしていることで、長期間会社を休むことになったとしても、生活保障の対象になるので家族がいてもある程度は安心できます。

Copyright© 2019 病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に All Rights Reserved.