病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に

治療費相場を把握する

悩む男性

活用出来る制度

うつ病はいつ発症するかわかりません。また誰でも発症する可能性のある病気です。原因は様々で、ストレスや身内のショックな出来事などで発症する場合もあります。生きていく上で、誰もが体験することです。その時の心と体の状態なども影響します。発症しますと治療が長期化することが多いです。その為、治療費や仕事を継続していけるかなど様々な不安が出てきます。うつ病の治療に専念した方が良い場合もあります。仕事を休職する場合です。その間の生活費が大変気になります。ここで知っておきたい制度として障害年金と傷病手当金があります。傷病手当金は、病気やケガが原因で働けない人を対象にした制度です。期間限定の給付になります。病気やケガが治らなくても一年六カ月で支給は停止されます。一方障害年金は初診日から一年六カ月を過ぎても治らない場合は支給されます。結論から言えば傷病手当金と障害年金は同時に受給することが出来ます。受給できますが、全額受給できるという意味ではありません。障害年金の年額で割り傷病手当金の日額と比較して障害年金の方が少ない場合は、傷病手当金として差額が支給されます。どちらの制度からも受給できる場合があるということで受給額が増えるわけではありません。

うつ病の治療は長期化するケースも多く治療費が生活を圧迫するのではないか気になる所です。治療費は年間で軽く10万円以上かかる場合もあります。また働けなくなることもあります。障害年金とは障害の程度に合わせて日本年金機構が定める基準に該当していることが条件になります。また初診日までに加入期間の三分の二以上保険料を納めていることが条件です。厚生年金に加入している場合は、障害厚生年金が支給されます。基本的な生活に支障が出る場合は支給の対象になります。うつ病によって障害年金の申請を行う場合は、精神の障害に係る等級判定のガイドラインが用意されています。ポイントとなる点は、日常生活能力です。7項目ありますので確認しておくと安心です。こうした制度はうつ病を患った人であれば大変ありがたい制度になります。うつ病の障害認定基準も確認しておくと大よその目安になります。うつ病がどのように発症しどのような状態なのか、障害認定基準によって判定されます。等級に関してはガイドラインを目安に判定されますが、中には判定が難しい場合もありますが症状の経過やここ最近の経過などで決定されます。

Copyright© 2019 病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に All Rights Reserved.