病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に

申請準備と申請方法

悩む女性

前提条件が必要

うつ病を発症した時に、障害年金を請求出来ます。申請の前に前提条件をまず確認します。初診日要件と保険料納付要件が条件になります。初診日要件とは、うつ病を発症した初診日のことで、この日が国民年金、厚生年金保険に被保険者の期間であることが条件です。保険料納付要件とは、初診日の前日に、初診日の月の前々月までの期間保険料納付、保険料納付免除期間などを合算して、加入期間の3分の2以上の納付されているのが条件です。初診日にあたる月の前々月までの一年間に保険料の滞納期間がないことが条件です。さらに受診し、うつ病の診断があり、定められた基準に該当していることが条件です。病状に合わせて支給額や等級などを決定します。その際に、病状が重くて、受給条件に該当しても初診日要件や保険料納付要件を満たしていない場合は受給出来ません。次に、うつ病の障害認定を受けます。対象となるかどうかの判定です。症状の度合いに合わせて、重い方から1級、2級、3級となっています。この際に、3級は厚生年金の人のみです。国民年金の人は1級か2級に該当しないと受給出来ません。

うつ病は軽視してしまうと命に係わる病気でもあります。病院を受診し、うつ病と診断されたら、正しい治療を継続していく必要があります。その際に、生活の不安を軽減する措置として障害年金を活用します。今までは障害年金にうつ病が認定されることを知らずにいた人も多かったのですが、近年は病院サイドからのアドバイスやインターネットによる情報などで知る機会が多くなっています。精神障害に係る等級判定ガイドラインが用意されていて、日常生活にどの位の支障があるのか、どの等級に該当するのか、目安として活用されています。日常生活能力の判定には、7項目で判定しています。どの位制限されているのか、制限度合いを具体的に評価していきます。ガイドラインによる判定基準はあくまで目安で、実際には、個別に診断書に記載されている内容を重点に総合的に判断していきます。大きな流れとしては、初診日を把握し、医師に診断書を作成してもらいます。病歴や就労状況等申立書を作成します。書類の提出先は障害基礎年金か障害厚生年金かによって窓口が変わります。わからないことは無料の相談窓口を利用すると便利です。

Copyright© 2019 病気になり仕事が出来なく収入に不安を抱える人に All Rights Reserved.